スポンサーリンク
機材・道具

キャノンRFマウントに”撒き餌レンズ”RF50mm F1.8 STM登場!初心者もフルサイズ機に手を出しやすくなる?

キヤノンが12月下旬にRFマウント用の新たな交換レンズRF50mm F1.8 STMの発売を発表しました。 かの有名な"撒き餌レンズ"ことEF50mm F1.8 STMのRFマウント版です。 どんなレンズなのか、そもそも撒き餌レ...
機材・道具

可変NDフィルターって実際どう?気になるX状ムラの出具合を調査&レビュー

1枚で複数枚分の役目を果たせる可変NDフィルター。1枚もののNDフィルターと違い、X状のムラが出てしまうことがよく話題に上がりますが、実際どの位出るものなのか、実用する上でどこまで影響があるのか、調査してみたいと思います。 可変式NDフィ...
初心者向け

スローシャッターで滝を撮る!必要な機材と失敗しない撮影方法

広告やパンフレット等でよく見る綺麗~~な滝の写真ってありますよね。 水が糸のように映っている写真をイメージしながら言ってるんですが、そのような写真はシャッタースピードを遅くして撮影する必要があります。ただ、ちょっとだけ道具や最低限の予...
その他

黒歴史いっぱい、カメラ初心者〜普通の人のまでの写真上達(?)の変遷

成人になる前に父に半額出してもらって購入したカメラとの付き合いも10年近くになり、19だった私はついにアラサーになってしまいました。カメラ歴約10年、ダラダラと続けてきたのでいまだそんな大した写真は撮れませんが、たぶんちょっとは上達しま...
レタッチ・加工

「彩度」と「自然な彩度」の違いを実例を使って徹底検証。【photoshop / lightroom】

Lightroomやphotoshopなど、Adobeのソフトに搭載されている彩度の調整項目って、「彩度」と「自然な彩度」の二つがありますよね。 触っているとなんとなく違いが掴めてくるものではありますが、実際どのような違いがあるのか把...
機材・道具

三角プリズムを使って写真撮影をするというアイデア【研究中】

三角プリズムってご存知でしょうか?光の波長による屈折率の違いを利用して、入ってきた光を分散させて虹を形成する実験器具で、虹を観測して光の性質の学習しよう!なんて授業によく使用される代物です。 一部写真好きの間では撮影時レンズにかざすこ...
初心者向け

彩度を上げすぎで起こる「色飽和」とは?防止策とレタッチでの補正方法

写真のレタッチ時、数あるパラメータの中でも特に写真の印象をガラリと変える力を持つ彩度。 いまいちパッとしない写真が彩度ひとつでどんどん鮮やかになっていくもんだから、調子に乗って上げ過ぎちゃうお気持ち、お察ししますよ。 ただし、上げす...
レタッチ・加工

透明感のある写真をレタッチで作る簡単3ステップレシピ【Lightroom】

透明感のある写真が好きだ。ふんわりとした鮮やかさがありながら、主張しすぎず、優しく青白い光に包まれているような明るさを持った写真。 なんか最近よく見かけますよね。そういう写真を私は生み出したい。 透明感のある写真 透明感のある写真と言われ...
撮影スポット

大鳴門橋と渦潮の撮影スポット、うずしおクルーズ!オススメは望遠レンズ装備

四国と淡路島の間に位置する鳴門海峡。言わずと知れたうずしおの名所です。淡路島・徳島から出港し、うずしおに急接近できる遊覧船は四国・淡路島観光の定番なわけですが、今回は「うずしおクルーズ」という遊覧船に乗って陸からは絶対に撮れない写真を収...
機材・道具

一眼レフの交換レンズを借りて試してから買うという発想【APEXレンタル】

高価な物を買うのって、博打ですよね。例えばマイホーム。土地から選定して、最高の家を建ててもご近所にモンスターが住んでたら台無しです。さて、カメラの交換レンズもそうですよね。普通に高いし、スペックを調べたりや評判を聞いたり、はたまた電気屋...