レタッチ・加工

スポンサーリンク
レタッチ・加工

「彩度」と「自然な彩度」の違いを実例を使って徹底検証。【photoshop / lightroom】

Lightroomやphotoshopなど、Adobeのソフトに搭載されている彩度の調整項目って、「彩度」と「自然な彩度」の二つがありますよね。 触っているとなんとなく違いが掴めてくるものではありますが、実際どのような違いがあるのか把...
初心者向け

彩度を上げすぎで起こる「色飽和」とは?防止策とレタッチでの補正方法

写真のレタッチ時、数あるパラメータの中でも特に写真の印象をガラリと変える力を持つ彩度。 いまいちパッとしない写真が彩度ひとつでどんどん鮮やかになっていくもんだから、調子に乗って上げ過ぎちゃうお気持ち、お察ししますよ。 ただし、上げす...
レタッチ・加工

透明感のある写真をレタッチで作る簡単3ステップレシピ【Lightroom】

透明感のある写真が好きだ。ふんわりとした鮮やかさがありながら、主張しすぎず、優しく青白い光に包まれているような明るさを持った写真。 なんか最近よく見かけますよね。そういう写真を私は生み出したい。 透明感のある写真 透明感のある写真と言われ...
初心者向け

【Lightroom基礎】初心者こそ知っておきたい写真の読み込みとカタログについて

Lightroomには「カタログ」という独特の概念があり、これを使って写真を管理していきます。 「カタログ」は一種のデータベースのようなもので、読み込んだ画像の情報(保存場所や設定、撮影日時、編集情報等)がここで一元管理されます。 き...
初心者向け

大胆なレタッチが写真に与えるダメージとは?あえて下手くそなレタッチをして観察してみる。

思い切ったレタッチが好きだ。楽しい。 ただ、下手に撮って出し(レタッチ無し)の状態からかけ離れたやりすぎレタッチをすると黒歴史になります。芸術志向の大胆なレタッチで遊ぶなら、画質の劣化についても留意してみると上手に仕上がるかもです。 ...
レタッチ・加工

【Lightroom】円形フィルターを駆使して被写体が目を引くひと味違った写真を作る!

Lightroom CCの円形フィルター機能を使用し、周辺減光っぽい写真や、メインの被写体にスポットライトが当たっているような加工を施します。 作品作りのアイデアとして、参考にしてみてください。
レタッチ・加工

秋の終わりに落ち葉と水面の波紋を捕らえたオシャレな写真を撮ろう!~レタッチ編~

前回の記事で水面浮かぶ紅葉と波紋を撮りました。今度は紅葉が映えるように、レタッチしていく方法をご紹介。 ソフトはLightroomを使用しますが、同様の機能を持ったソフトならなんでもオッケーです。
レタッチ・加工

【photoshop】多重露光風の写真を比較明合成で作る方法!

フィルムカメラなどで多重露光撮影をした風な写真がphotoshopでサクッと作れます。 やり方自体は超簡単。どちらかと言うとセンスのある2枚の写真選びの方が難しいよ。
レタッチ・加工

PORTRA…ワンタッチで写真を絵画風に加工できるアプリが凄いの!あと危険性についての噂も

iOS/Androidで配信されているアプリ、PORTRAのご紹介です。 一瞬で写真が絵画風のタッチになり、フィルターを選ぶことで様々なタッチを選択することが出来ます。 今回は私がちょっと遊んでみた作例をお見せしつつご紹介! あと巷でちょっ...
レタッチ・加工

【Photoshop】HDR合成で白飛び・黒つぶれの無いキレイな写真を作る!

異なる露出設定で撮った複数の写真を合成して、明るい場所も暗い場所もキレイに写った写真を作ります。 Photoshopで簡単に出来るやり方をご紹介。